時の将軍、大名・公家・高僧・豪商、あの伊達政宗、本阿弥光悦まで学んだ古田織部の茶の湯 古田織部流 茶道研究会

茶道織部流とは

  • HOME »
  • 茶道織部流とは

当会の活動趣旨

織部流 道具イメージ

 古田織部(1543~1615)は諱(いみな)を重然(しげなり)といい、千利休亡き後、「天下一」と称された武将茶人です。
 織部は、武名こそあまりないものの、茶の湯・連歌に秀で、信長横死後、太閤秀吉の御咄衆(御伽衆)となり、茶の湯の相談相手となります。その後、子の秀頼の他徳川家康に仕え、将軍家茶の湯指南役として将軍秀忠に直接茶の湯指導をしたことで知られています。織部は、利休の茶の湯を継承しつつ、茶道具・会席具の製作・建築・作庭など多岐にわたって独自の世界を開き、それらは「織部好み」と呼ばれました。慶長年間(1596~1615)に爆発的な流行をみせ、これは織部が亡くなった後の元和・寛永期(1615~1644)まで続きました。

 当会は、織部好みの道具やその道具組、作法を研究して、織部が実際に行っていた点前に修正し、織部の精神までをも忠実に守り伝えることを目的とする組織です。会長を務める宮下玄覇は、京都市北山において一般財団法人古田織部美術館を運営し、啓蒙活動を行っております。

 古田織部亡き後、その茶の湯は「織部流」として、幕府や諸国の大名の茶堂を通じて伝えられていきました。現在では福岡藩の茶堂から豊後岡藩の家老家に伝わった織部流が唯一となっています。
 しかし、どこの流派についてもいえることですが、数百年、十数代も続くと、代々の家元の好みが反映され、流祖の点前とはかなり違ったものになっていきます。豊後織部流も例外ではありませんでした(岡﨑淵冲『点茶活法』)
 時は平成となり、織部の茶会記や、幸いにして膨大に残る江戸時代前期の織部の茶書の翻刻が始まると、当会は織部の点前の修正作業を開始。その結果、400年ぶりに甦った織部の点前が、当会の点前です。
 当会の活動により、織部の茶の湯がどのようなものであったのか、その実相に一歩でも迫り、またそれを一人でも多くの方に知っていただけますなら、これに勝る幸いはございません。


写真:織部肩衝耳付茶入・黒織部茶碗・美濃伊賀水指 / 青織部 重扇形 向付/ 向掛けした美濃伊賀花入
古田織部の主な門人

○天下人
徳川秀忠

○武士
伊達政宗 佐竹義宣 毛利秀元 浅野幸長 金森可重
島津義弘 小早川秀秋 大久保忠隣 小堀遠州 大野治長
大野治房 上田宗箇 板倉重宗 南部利直 佐久間将監
永井尚政

○公家
広橋兼勝

○僧侶
教如(東本願寺法主) 妙法院宮 常胤法親王 安楽庵策伝

○町衆
本阿弥光悦 角倉素庵 松屋久好
:)
S