開催中の展覧会情報

平成29年 秋季展

織部と光悦Ⅱ

平成29年9月23日〔土・祝〕
         ~ 平成30年1月14日〔日〕
開館時間=9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日=12月29日 ~1月4日
入館料=大人500円/大学生・高校生400円
      中学生以下300円/団体(15人以上)100円引
後 援=京都府 京都市 京都新聞
    (公財)京都文化交流コンベンションビューロー

織部と光悦Ⅱ
クリックすると大きな画像が開きます

ごあいさつ

 琳派の創始者といわれる本阿弥光悦は、陶芸・書・蒔絵など芸術全般にその才能を遺憾なく発揮しました。一方で、茶の湯においても活躍し、数々の光悦好みの茶道具を残しています。それらには、茶の湯の師古田織部からの影響が色濃く表れています。
 今回は、芸術家としての織部の継承者・光悦に注目し、新発見の本阿弥光悦作の「光悦七種(異説)」「光悦十作」「千家中興名物」赤筒茶碗 銘「有明」(平瀬家伝来)を初公開いたします。そのほか、孫の光甫による「空中信楽」や、光悦に楽茶碗の製作技法を伝授した樂家2代常慶とその子3代道入(ノンコウ)の作品など50点展示いたします。この機会にぜひご鑑賞下さい。

展示品目録

  No 作品名 作者 箱書・伝来 等 日付・宛先・銘 制作年代
  1 書 状 古田織部
(1543~1615)筆
  (文禄元年カ六月頃)十二日付 桃山時代
  2 書 状 古田織部 筆   慶長九年閏八月二十九日付 桃山時代
  3 書 状 本阿弥光悦
(1558~1637)筆
  三月廿七日付 五十嵐太兵衛宛 江戸時代初期
  4 和漢朗詠集切 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵)   江戸時代初期
  5 書 状 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵) 五月三日付 江戸時代初期
  6 書 状 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵) 五月二日付 工庵宛 江戸時代初期
  7 書 状 角倉素庵
(1571~1632)筆
  閏八日付 妙法院宮尭然法親王宛 江戸時代初期
  8 書 状 灰屋紹益
(1607~1691)筆
    江戸時代前期
  9 和歌短冊 灰屋紹益 筆     江戸時代前期
  10 絵唐津 斜め十字文 茶碗       桃山時代
  11 織部肩衝茶入       桃山時代
  12 備前 肩衝茶入   小堀宗中 箱甲書 銘「神無月」 桃山時代
  13 空中信楽
肩衝茶入
本阿弥光甫(空中、1601~1682)造 藪内比老斎 箱書付   江戸時代前期
  14 赤楽
文庫形香合
本阿弥光甫 造   「空中」彫有 江戸時代前期
  15 空中信楽 小碗 本阿弥光甫 造   「空中」彫有 江戸時代前期
  16 空中信楽
落蓋香合
本阿弥光甫 造 2代住山揚甫・
永楽保全 箱書 
「空中」彫有 江戸時代前期
  17 空中信楽
菱水指
本阿弥光甫 造     江戸時代前期
  18 瀬戸釉
耳付水指
本阿弥光甫 造 井筒屋久兵衛 箱書 家原自仙旧蔵
「慶安四(1651) 光甫(花押)」彫有
江戸時代前期
  19 光悦謡本
「百萬」
本阿弥光悦版下書     江戸時代初期
  20 竹茶杓 古田織部 作 直斎宗守 筒書
又妙斎玄室 箱書
  桃山時代
  21 木茶杓 本阿弥光悦 作 本阿弥光甫 筒書
本阿弥光勢 箱書
  江戸時代初期
  22 竹茶杓 本阿弥光甫 作 丈山 筒書   江戸時代前期
  23 竹茶杓 本阿弥光甫 作 藪内休々斎 箱書付 共筒 銘「鶴」「宗真老へ」 江戸時代前期
  24 賦山何連歌巻 灰屋紹益・里村昌琢(1574~1636)・
佐川田昌俊 他
  「寛永六年(1629)二月廿七日」 江戸時代前期
  25 和歌色紙帖 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵)   江戸時代初期
  26 織部好 梅鉢文黒香合 3代中村宗哲
(1699~1776)造
    江戸時代中期
  27 光悦好 冨士棗 幸阿弥 造     江戸時代前・中期
  28 一閑張 忍草蒔絵 黒大棗 本阿弥光悦 字形   福井松平家・廣瀬家伝来 江戸時代前期
  29 美濃伊賀
三足水指
    「T」窯印有  江戸時代初期
  30 赤筒茶碗 本阿弥光悦 造 共箱 初代善田好日庵・小堀宗慶・林屋晴三 箱書 銘「有明」?水野和泉守忠之―横山藤七…平瀬露香伝来 「光悦七種(異説)」「光悦十作」「千家中興名物」の内 江戸時代初期
  31 織部好
繰口筋釜
大西浄久
(?~1686)造
〔蓋〕名越昌孝
(1779~1849)造
    江戸時代前期
  32 光悦好
輪口 丸釜
初代名越弥右衛門(? ~1638)造   「鷹峯山 大虚庵」 江戸時代初期
  33 織部好八卦地紋四方釜 初代名越弥右衛門 造     江戸時代初期
  34 光悦好 干網地紋 四方 筒釜 大西浄元(1689~1762)造     江戸時代中期
  35 光悦好 鉄 底面取 尻張風炉 初代名越弥右衛門 造   「不風」「流」 江戸時代初期
  36 光悦好 唐草透 五徳 大西浄林(1590~1663)造 大西浄長 箱書   江戸時代前期
  37 光悦形 赤楽燭台 樂 慶入(1817~1902)造     明治時代
  38 光悦好 黒塗 手付莨盆       江戸時代前・中期
  39 光悦形 松木地 手付莨盆 一瀬小兵衛 造     昭和時代
  40 大瓢花入 本阿弥光悦 造     江戸時代初期
  41 黒楽茶碗 2代長次郎
(?~1635)造
如心斎宗左 箱書付 銘「三番叟」 江戸時代初期
  42 赤楽 輪花皿 田中常慶
(?~1635)造
  在印 江戸時代初期
  43 黒楽茶碗 樂 道入(ノンコウ、1599~ 1656)造 如心斎宗左 箱書付 銘「出額」 在印 江戸時代前期
  44 中興名品
(『〈千家〉中興名物記』)
      江戸時代後期
  45 本朝陶器攷證 金森得水
(1786~1865)
版本 五冊
安政四年(1857)版
  江戸時代後期
  46 本阿弥光悦茶室図(「茶席古図集」より)       江戸時代後期
47 秋風辞 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵)   江戸時代初期
48 書 状 本阿弥光悦 筆   十月二十四日付 江戸時代初期
49 小倉山蒔絵 黒塗 手文庫 本阿弥光悦 造 岸光治・安田靫彦箱書?岸光景旧蔵?(黎明教会資料研修館蔵)    江戸時代初期
50 和歌巻 本阿弥光悦 筆 (黎明教会資料研修館 蔵)   江戸時代初期
  51 春日山蒔絵 黒塗 手箱 本阿弥光悦 造 (黎明教会資料研修館 蔵)   江戸時代初期
  52 菊図 丸 刀掛 本阿弥光悦 造   金森宗和所持?平瀬家伝来 江戸時代初期
□は前期、○は後期展示。